電話占い情報

霊感・霊視を行う方法と占いによって分かること

投稿日:

霊感・霊視を行う方法と占いによって分かること

霊感・霊視のやり方

霊感・霊視を行うためには、まず明かりを消して部屋を暗くします。

その状態で、ゆったりと座り頭の中を空っぽにしていきます。

無心状態になったら、気持ちを知りたいと思っている人のことを思い浮かべていくだけです。

思い浮かべた人の気持ちが流れ込んでくるかどうかは、霊感・霊視を行う人次第です。

成功率を高めたいのであれば、毎日瞑想を行う、断食などによって精神力を鍛えるなどの方法を試してみると良いでしょう。

霊感・霊視の歴史

日本で幽霊など、霊に関する概念が広まったのは平安後期とされています。

死者とのコンタクトを取るいたこに至っては、それよりもさらに昔から存在していました。

そのため、霊に関する歴史はとても古いものとなりますが、霊感・霊視という言葉が大きく注目を集めることになったのは、1980年代のオカルトブームの頃です。

当時は、特別な霊能力者のみができるものとされていましたが、現在では練習や修行によって身につけることも可能な占術の一つとなっています。

霊感・霊視では何が占える?

霊感・霊視によって分かることは、人の性格や本性、これからの運勢などです。

さらに、霊感・霊視では過去に起きたことなども分かるため、同じ過ちを起こさないようにするには、どんな行動を取れば良いかなども分かることになります。

人との相性を知りたい時、今後より良い人生を送りたい時などは、霊感・霊視の活用が有効です。

占いたいものに関する映像が見えたり、守護霊の言葉を聞くことができたりするなど、霊感・霊視で見える世界は占い師によって異なります。

鑑定を依頼する前には、どんな世界やビジョンが見えているかを確認しておくと良いでしょう。

-電話占い情報

Copyright© 出会い系サイト選びを間違えないためのサイト , 2021 All Rights Reserved.